欅坂46:改名発表、新章へ… 活躍の軌跡、そしてこれから

欅坂46

アイドルグループ「欅坂46」が7月16日、10月に開催予定のラストライブをもって、グループの活動に終止符を打ち、改名後に再スタートすることが発表された。4年前の4月6日、デビュー曲「サイレントマジョリティー」での鮮烈な登場後、数々の快挙を成し遂げ、注目を浴び続けてきたグループの改名。発表は有料配信のライブで行われたが、瞬く間にツイッターには「#欅坂46」「#欅坂改名」がトレンド入りするなど、衝撃が走った。なぜ欅坂46は改名に踏み切ったのか。そして新章となる、改名後の未来は……。これまでの活躍を振り返ると共に、考えてみたい。

欅坂46は、乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾として2015年に結成した。翌年の4月6日、デビュー曲「サイレントマジョリティー」を発売。センター・平手友梨奈さんの圧倒的な存在感、アイドルの概念をくつがえすような“笑わない”演出と、メッセージ性の強い歌詞が一躍話題となり、これまでアイドルに興味がなかった層なども含め、ファンを獲得していった。
同年末には「第67回NHK紅白歌合戦」に出場。メジャーデビュー年で紅白出場という快挙を果たした。翌年の紅白歌合戦では、1度パフォーマンスした楽曲「不協和音」を、総合司会の「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんと、サビ部分だけを再度披露したことも話題に。「不協和音」はその後、昨年末のグループにとって4度目の出場となった「第70回NHK紅白歌合戦」でも披露し、大きな反響を呼んだ。
また小林由依さん、土生瑞穂さん、渡邉理佐さん、渡辺梨加さんと女性ファッション誌の専属モデルを務めるメンバーを中心に、「TGC」や「GirlsAward」などのファッションイベントにも数々のメンバーが出演。女性ファンの支持も得て、イベントをにぎわしている。その人気ぶりを表すがごとく、2017年から3年連続で国内最大の野外ロックフェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」にも登場。さらに、冨樫義博さんの人気マンガ「HUNTER×HUNTER」に、欅坂46の楽曲の名前をモチーフとした「念能力」(作中で主人公らが使う能力)が登場したこともあった。

しかし、グループとしてはここ1、2年の活動に停滞の感があった。全てのシングル曲でセンターを務めてきた平手さんが1月に脱退。さかのぼる2018年から、 …

コメント

タイトルとURLをコピーしました