ももクロと行く! 2020年08月15日大阪編 第4回 新作

ももくろクローバーZ

#ももいろクローバーZ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動検索に移動
Nuvola apps important orange.svg
この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

独自研究が含まれているおそれがあります。(2020年8月)
広告・宣伝活動的であり、中立的な観点で書き直す必要があります。(2020年8月)
雑多な内容を羅列した節があります。(2020年8月)
内容が専門的でわかりにくくなっている恐れがあります。(2020年8月)
あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2020年8月)
画像が過剰に追加され、読みにくくなっています。(2020年8月)

この記事には、百科事典には本来必要のないファンサイト的な内容の記述が含まれています。
特定の人物およびグループに対しての、百科事典に相応しくない記述や内容の過剰な記述は歓迎されません。ファンサイト的記述の修正・除去の議論や提案がありましたらこのページのノートでしてください。(2020年8月)
ももいろクローバーZ
Momoiro clover Z logo.gif
基本情報
別名 ももくろちゃんZ(キッズ向けのユニットとして活動する場合)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
オルタナティヴ・ミュージック
活動期間 2008年 –
レーベル EVIL LINE RECORDS
(キングレコード)
事務所 スターダストプロモーション
*STARDUST PLANETという部門に属し、妹分グループに私立恵比寿中学など
公式サイト https://www.momoclo.net
メンバー ■百田夏菜子
■玉井詩織
■佐々木彩夏
■高城れに
主な作品 アルバム『AMARANTHUS』
シングル「行くぜっ!怪盗少女」

ライブBD/DVD『ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-』

映画『幕が上がる』
ドキュメンタリー『はじめてのももクロ』
ももいろクローバーZ(ももいろクローバーゼット)は、百田夏菜子・玉井詩織・佐々木彩夏・高城れにからなる4人組ガールズユニットである。2014年には、国立競技場でのライブを女性グループとしては初めて行い、2日間で11万人を動員した[1]。ライブの年間動員数においては、過去2度にわたり女性アーティスト1位を記録[2]。

2020年にメジャーデビュー10周年を迎え、少数精鋭でのパフォーマンスや天真爛漫なキャラクターなどを特長として[3]、モノノフと呼ばれる独自のファン層を擁する。

日本オリンピック委員会が企画する『がんばれ!ニッポン!全員団結プロジェクト』のスペシャル応援団員となっており、メンバー全員東京オリンピックの聖火ランナーを務めることが発表されている[4]。女優としても活動し、グループ主演の映画『幕が上がる』で第39回日本アカデミー賞話題賞などを受賞[5]。

愛称はももクロ、ももクロちゃん。Zの文字を宙に書いて指を突き出すポーズを常用する[6]。

目次
1 概説
1.1 夢の変遷
2 分析
3 メンバー
3.1 主なサポートメンバー
4 ファン
4.1 特色
4.2 各界からの支持
4.3 創作・配布文化
5 活動歴
5.1 結成・路上での活動
5.1.1 2007年
5.1.2 2008年
5.2 ヤマダ電機ツアー・CDデビュー
5.2.1 2009年
5.2.2 2010年
5.3 改名・メディア露出の増加
5.3.1 2011年
5.3.2 2012年
5.3.3 2013年
5.4 国立競技場公演・主演映画の公開
5.4.1 2014年
5.4.2 2015年
5.5 ソロ活動やキッズ向け活動の増加
5.5.1 2016年
5.5.2 2017年
5.6 4人体制への転換・結成10周年
5.6.1 2018年
5.6.2 2019年
5.7 新たな挑戦
5.7.1 2020年
6 作品
6.1 Blu-ray/DVD
6.2 アルバム
6.3 シングル
6.4 主なミュージックビデオ
6.5 バラエティ
7 主要なライブ
7.1 ももクロ春の一大事
7.2 夏の各種ライブ
7.3 ももいろクリスマス
7.4 男祭り/女祭り/子供祭り
7.5 その他のライブシリーズ
7.6 主なツアー
7.7 10周年記念ライブ
8 出演
8.1 著名な音楽フェス等
8.2 警察関連のイベント
8.3 テレビ
8.4 ラジオ
8.5 映画・舞台
9 女優としての評価
10 特記事項
10.1 主なスタッフ
10.2 マスコットキャラクター
10.3 グループ内ユニット
11 関連書籍
12 脚注
12.1 注釈
12.2 出典
13 外部リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました