ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013「GOUNN」

ももくろクローバーZ

0

ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013「GOUNN」, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2767653 / CC BY SA 3.0

#日本のコンサート・ツアー
#2013年のコンサート・ツアー
#2013年の日本の音楽
#ももいろクローバーZの映像作品
#2014年のライブ・ビデオ
『ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013「GOUNN」』(ももいろクローバーぜっと ジャパンツアー にせんじゅうさん ごうん)は、2013年9月から11月にかけて開催されたライブ・ツアー。
Blu-ray & DVDとして発売され、オリコン週間DVD音楽チャート第1位を獲得。
10thシングル「GOUNN」が2013年11月6日に発売されるのに合わせ、和歌山、長野、福岡、岡山、愛媛、大分、徳島、宮城を巡った秋のツアー。
最終日の宮城以外は、楽曲がリリースされていないタイミングでの公演となったため、ファンが会場で初めて「GOUNN」を聴くという趣旨にもなっていた。
新曲の世界観と同様に”輪廻転生”をコンセプトとし、本編は4部構成で進行していった。
「5TH DIMENSION」ツアーと同じく、総合演出を岡本祐次が担当。
演出の都合上、本編の間はサイリウムやペンライトなどの使用が禁止され、メンバーのMCを一切はさまず、衣装チェンジの間はパフォーマーによるダンスが披露された。
また久米明のナレーションとともに、僧侶や仏像が登場する演出がなされた。
宮城公演の会場となった宮城県総合運動公園総合体育館(セキスイハイムスーパーアリーナ) 人間の肉体と精神を構成する五つの要素である五蘊(ごうん)がテーマとなった本ツアーの千秋楽は、宮城県総合運動公園総合体育館(セキスイハイムスーパーアリーナ)で行われたが、同所は前年の東日本大震災で遺体安置所になった場所でもあった。
ももいろクローバーZは震災後から、宮城県の女川さいがいFMをたびたび訪れ、被災者との交流を続けていた。
今回の公演においては、「復興」「頑張れ」などのありきたりな言葉は用いず、パフォーマンスによって現地に笑顔と元気をもたらす趣向となった。
また、女川町にある笹かまぼこ屋「蒲鉾本舗 高政」との連携を図り、ツアータイトルは「蒲鉾本舗 高政 Presents ももいろクローバーZ JAPAN TOUR “GOUNN” 宮城公演」となった(「蒲鉾本舗 高政」にスポンサー料などは発生していない)。
会場のみ数量限定の笹かまぼこ「行くぜ!復興の向こう側 ももいろクローバーZ × 女川町 笹かまでお友達」が販売され、売上の一部は女川さいがいFMに寄付された。
映像作品には11月22日の宮城公演の模様が収録されている。
テーマ「輪」: サラバ、愛しき悲しみたちよ 天手力男 words of the mind 〜brandnew journey〜 LOST CHILD テーマ「廻」: DNA狂詩曲 キミとセカイ D’の純情 BIRTH Ø BIRTH テーマ「転」: 空のカーテン ラフスタイル for ももいろクローバーZ 月と銀紙飛行船 テーマ「生」: 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」 Z女戦争 ピンキージョーンズ スターダストセレナーデ ツヨクツヨク テーマ「五蘊」: GOUNN アンコール: Twinkle Wink(宮城公演のみ) – ももクロ扮するTwinke5によるパフォーマンス Chai Maxx ももいろ太鼓どどんが節 労働讃歌 行くぜっ!怪盗少女 オレンジノート(和歌山、長野、福岡、岡山、愛媛、大分、徳島公演) いつか君が(宮城公演) – ライブ初披露 走れ! 特典映像(DVD & Blu-ray): 『ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013「GOUNN」オリジナル・サウンドトラック』(ももいろクローバーゼット ジャパン・ツアー にせんじゅうさん ごうん オリジナル サウンドトラック)は、同名のライブ・ツアーのBGMを収録したアルバム。
2013年10月14日にライブ会場とキングレコードのKING e-SHOPで限定発売された。
全7インストゥルメンタル曲。
語り部:久米明。
「曼荼羅」〜プロローグ〜 written by 永井ルイ 「運命(読み:さだめ)」〜輪〜 written by NARASAKI 「巡礼」〜廻〜 written by 長谷川智樹 「Meditation」〜転〜 written by 大久保薫 「祈りの鼓動」〜生〜 written by 和嶋慎治 「光と影」 written by 木村篤史 「旅」〜時の流れ〜 written by 横山克 各公…

コメント

タイトルとURLをコピーしました